三菱マテリアル株式会社
戻る

切削工具材料

下図は、縦軸に高温かたさを、横軸に靭性(粘り強さ)をとり、色々な工具材料をプロットしたものです。
現在、超硬合金・コーテッド超硬合金・TiC-TiN系サーメットの3材種が市場での主力工具材料であり、その理由は、高温かたさと粘りの強 さの点で、もっとも調和がとれているからです。

各種硬質物質の特性
硬質物質 かたさ
(Hv)
生成自由
エネルギー
(kcal/g・atom)
鉄への
溶解量
(%.1250°C)
熱伝導率
(W/m・k)
熱膨張係数※
(×10-6/k)
適用工具材料
ダイヤモンド(C) > 9,000 - 易反応 2,100 3,1 ダイヤモンド
焼結体
立方晶窒化素硼素
(CBN)
> 4,500 - - 1,300 4,7 CBN焼結体
窒化珪素
(Si3N4)
1,600 - - 100 3,4 セラミックス
酸化アルミニウム(Al2O3) 2,100 -100 ≒0 29 7,8 セラミックス
コーティング
炭化チタン(TiC) 3,200 -35 < 0.5 21 7,4 サーメット
コーティング
超硬合金
窒化チタン(TiN) 2,500 -50 - 29 9,4 サーメット
コーティング
炭化タンタル
(TaC)
1,800 -40 0.5 21 6,3 超硬合金
炭化タングステン
(WC)
2,100 -10 7 121 5,2 超硬合金
※1W/m・K=2.39×10-3cal/cm・sec・゚C