三菱マテリアル株式会社
戻る

エンドミルの種類と形状

外周刃の種類と形状例
種  類 形  状 特  徴
普通刃 普通刃 最も汎用的で、溝加工、側面加工、肩削り加工などに用いられ、また荒削 り、中仕上げ、仕上げのいずれの場合にも用いられる。種類が最も多い。
テーパ刃 テーパ刃 金型の抜け勾配やインロー部の加工用に用いられる。普通刃で加工した 後のテーパ加工に使用する。
ラフィング刃 ラフィング刃 刃が波状になっていて、切りくずが小さく分断され、切削抵抗が小さく、 荒削りに適している。仕上げ面は荒いので仕上げには向かない。すくい 面研削を要する。
フォームド刃 フォームド刃 例としてコーナR加工用カッタを示しているが、加工部の形状に合った刃 形にしたものをいう。特注品の場合が多い。
底刃の種類と形状例
種  類 形  状 特  徴
センタ穴付き
スクエアエンド刃
センタ穴付きスクエアエンド刃 汎用的で、溝加工、側面加工、肩削り加工などに用いられる。縦切込みは できないが、研削が両センタ支持なので再研削精度が良い。
センタカット
スクエアエンド刃
センタカットスクエアエンド刃 汎用的で、溝加工、側面加工、肩削り加工などに用いられる。縦切込みが できるが刃数が少ないほど縦切込み性は良い。片持ちでの再研削。
ボールエンド刃 ボールエンド刃 曲面加工にはなくてはならないものである。先端部はチップポケットが小 さいので切りくずの排出が悪い。
ラジアスエンド刃 ラジアスエンド刃 隅肉部のR加工やピックフィード加工に用いられる。ピックフィード加工の 場合、Rは小さくても径の大きいエンドミルが使用できるので能率良く加 工できる。
柄部およびネック部の種類と形状例
種  類 形  状 特  徴
標準
(ストレートシャンク)
標準(ストレートシャンク) 最も汎用的で広く使われている。
ロングシャンク ロングシャンク 深彫り用で、シャンクが長いので使用目的に合った突出し長さにして使用 できる。
ロングネック ロングネック 細径エンドミルでの深彫り用として用いられるが、ボーリング用にも適し ている。
テーパネック テーパネック 金型の抜け勾配のついた壁際の、深彫り用に威力を発揮する。