三菱マテリアル株式会社
戻る

旋削加工の切りくず処理

鋼旋削加工における切りくず形態
区分 A形 B形 C形 D形 E形
切込み小
d<7mm
切込み大
d=7〜15mm
カール長さl カールしない l≧50mm l≦50mm
1〜5巻
1巻前後 1巻以下半巻
備考
  • 不規則連続形状
  • 工具、被削材などに絡まる
  • 規則的連続形状
  • 長く伸びる
良好 良好
  • 切りくず飛散
  • びびり発生
  • 仕上げ面不良
  • 工具負荷能力限界
切削速度とチップブレーカ有効範囲
一般に切削速度が増加するにしたがって、チップブレーカの切りくず処理有効範囲は狭くなる傾向にあります。
鋼旋削加工における切りくず形態
切削油剤の有無とチップブレーカの有効範囲
切削速度が同一でも、切削油剤の使用/不使用でチップブレーカの切りくず処理有効範囲は異なります。
切削油剤の有無とチップブレーカの有効範囲