三菱マテリアル株式会社
戻る

旋削加工の工具各部の作用

前切れ刃角
切削した面と工具とが摩耗することを防ぐ機能をもった角度で、普通は5°〜15°になります。
前切れ刃角による影響
  1. 前切れ刃角を小さくすると刃先強度は増大するが、刃先に熱が発生しやすい。
  2. 前切れ刃角を小さくすると切削抵抗の背分力が増加し、切削中にびびり振動が発生する。
  3. 前切れ刃角は、粗削りでは小さめにし、仕上げ削りでは大きめにする。
前切れ刃