三菱マテリアル株式会社
戻る

旋削加工の工具各部の作用

コーナ半径
ノーズ半径は刃先の強度と仕上げ面あらさに非常に影響します。一般的には送りの2〜3倍が適当です。
ノーズ半径と仕上げ面あらさ
コーナ半径の大きさと欠損による工具寿命
コーナ半径の大きさと工具摩耗

コーナ半径による影響
  1. コーナ半径を大きくすると、仕上げ面粗さが向上し ます。
  2. コーナ半径を大きくすると、刃先強度が増します。
  3. コーナ半径を大きくしすぎると抵抗が増加し、びび りなどの原因になります。
  4. コーナ半径を大きくすると逃げ面、すくい面摩耗が 減少します。
  5. コーナ半径を大きくしすぎると切りくず処理性は悪 くなります。
コーナ半径を小さくする場合
  • 切込みの小さい仕上げ削りのとき
  • 細くて長い被削材のとき
  • 機械の剛性が低いとき
コーナ半径を大きくする場合
  • 黒皮、断続切削のように刃先の強度を必要とするとき
  • 荒削りで太い径の被削材のとき
  • 機械に剛性があるとき

コーナ半径と切りくず処理範囲
コーナ半径と切りくず処理範囲
注)
切りくず形態(A,B,C,D,E)はこちらをご覧ください。