三菱マテリアル株式会社
戻る

旋削加工の工具各部の作用

すくい角
すくい角は切削抵抗、切りくず排出、切削熱、工具寿命に大きく影響する刃先角度です。
切りくず排出とすくい角の関係
グラフ

すくい角における影響
  1. すくい角が正(+)に大きくなると、切れ味が良くなる。
  2. すくい角が正(+)に1°大きくなると、切削動力が1%減少する。
  3. すくい角が正(+)に大きくなると、刃先強度が低下し、負(−)に大きくなり過ぎると切削抵抗が増大する。
すくい角を負(−)に
大きくする場合
  • 硬い被削材のとき
  • 黒皮、断続切削のように刃先の強度を必要とするとき
すくい角を正(+)に
大きくする場合
  • 軟らかい被削材のとき
  • 削りやすい材料のとき
  • 被削材、機械に剛性のないとき