三菱マテリアル株式会社
戻る

旋削加工の工具各部の作用

横切れ刃角
横切れ刃角、コーナー角は、衝撃的荷重の緩和、送り分力と背分力の大きさ、切りくず厚みに影響を与える。

横切れ刃角と切りくず厚みの関係
横切れ刃角による影響
  1. 同じ送り量でも、横切れ刃角を大きくすると、切りくずの接触長さが長くなり、切りくずの厚みが薄くなるので、切削力が長い切刃に分散され工具寿命が長くなります。(グラフ参照)
  2. 横切れ刃角を大きくすると、a'の力が大きくなるので、細くて長い被削材では曲がりが出ることもあります。
  3. 横切れ刃角が大きくなると、切りくず処理性は悪くなります。
  4. 横切れ刃角が大きくなると、切りくず切削厚みは薄くなり、切りくず幅は広くなるため破断されにくくなります。
横切れ刃角と工具寿命の関係

横切れ刃角を小さくする場合
  • 切り込みの小さい仕上げ削りのとき
  • 細くて長い被削材のとき
  • 機械の剛性が低いとき
横切れ刃角を大きくする場合
  • 硬くて発熱量の大きい被削材のとき
  • 荒削りで太い径の被削材のとき
  • 機械に剛性があるとき
図解